早漏改善の治療薬

早漏を改善する薬ならプリリジーが人気

早漏はセックスを楽しむ上で、大きなハンディキャップとなります。
深刻な性生活のリスクが生じているなら、直ちに改善策を考えましょう。
改善策として効果的なのが、PE治療薬のプリリジーです。
国内外で広く使われています。
その人気は国際的であり、日本人の間でも愛用者は多いです。

プリリジーは大手製薬会社が販売する評判が良い製品です。
早漏に困っている男性はまずこの医薬品を試してみるべきであり、継続的に服用する事で長年苦しんでいたコンプレックスが治るため、男性としての自信も自然と回復していき、落ち着いた心身で毎晩セックス出来るようになります。

プリリジーの服用方法に関してですが、セックスをする時間をまず思い出しましょう。
大体夫婦であれば、セックスをする時間帯が決まっているはずです。
家事やお風呂などの作業が済んだ、夜の10時から11時以降が多いと言われています。
セックスをする時間帯を思い出し、そこから逆に計算する形でプリリジーは摂取しましょう。
1時間から2時間前に飲むのがベストです。

推奨される錠剤の量ですが、一日に一粒です。
それ以上、摂取する事は非推奨です。
一度に飲む量を増やしても効果は倍増しません。
費用対効果が悪くなるばかりですし、プリリジーは信頼が置ける医薬品であり、推奨する一粒分でも十分、効果を発揮します。

一度プリリジーを服用した男性は、服用した時間帯を覚えておきましょう。
連続服用は推奨されておらず、前回飲んだ時間帯から最低でも24時間は空白を設けるべきだと言われています。
土曜日、日曜日といったセックスを連日して楽しむ予定の週末は、連続服用にならないように、少しメモ帳に前回飲んだ曜日と時間帯を正しく明記しておきましょう。

またプリリジーもまた他の一般的な医薬品のように太陽光や湿気や雨風に弱いです。
きちんと薬箱に保管し、湿気と太陽光を避け、保管に適した場所に保存しておきましょう。
箱や錠剤はとてもコンパクトであり、他の医薬品と同様に普通に保存出来るため、管理はとても楽です。

ダポキセチンの効果と作用機序

プリリジーの主成分であるダポキセチンですが、元々はメンタルケアの世界で使われてたものです。
それが今では早漏治療に効果があるとなり、応用的にPE治療薬の成分として活用されています。
ダポキセチンには脳内の過剰な働きを沈静化させる効果があります。

ノルアドレナリンの過剰な分泌を、ダポキセチンは上手くコントロールします。
ノルアドレナリンの分泌を抑制し、反対に脳内のセロトニンの量をコントロールします。
セロトニンとはリラックス物質とも呼ばれる脳内物質です。
セロトニンが極端に減ると、人はイライラしたり、妙な不安感を覚えます。

ノルアドレナリンとセロトニンのバランスを上手く調節する事がダポキセチンの効果であり、神経の過敏な反応を抑止出来る体質へと、男性の心身のコンディションを改善します。
プリリジーの効果は服用後、早ければ1時間程で現れます。
平均で2時間程、待つ必要があります。

そのため、プリリジーの効果を確実に得た上でセックスを始めたい男性は、時間を逆算し、その2時間前頃に服用しておくのがベストです。
配合されたダポキセチンの効果によって、射精に至るまでの間隔は、普段の3倍から5倍程、増加します。
その結果、早漏のコンプレックスを感じなくなります。

プリリジーの効果は繰り返し、毎回のセックスで活用する事でより実感しやすくなります。
そのため、継続的な利用が強く推奨されています。
プリリジーで射精を抑えるために、一度、二度使っただけで利用をやめてしまうのではなく、ある程度の期間、継続的に飲み続けた方が、射精に至るまでの間隔を効率良く引き延ばせます。

ダポキセチンの効果は一度の服用で5時間から6時間程、継続します。
安全安心なダポキセチンを配合したPE治療薬のプリリジーは世界各国で人気がある製品であり、初めて飲む製品に最適です。