早漏改善の治療薬

早漏を改善したいなら心因性早漏の原因を知る

日本人は欧米人と比べると、比較的早漏の人が多いと言われています。
その原因の一つにはペニスの形状があります。

日本人は圧倒的に亀頭が常時出ていない状態の人が多いです。
日本人のペニスの大半は勃起時には亀頭が露出するものの、平常時は包皮の中に亀頭が隠れている状態です。
つまり亀頭自体が刺激にあまり慣れていないため、セックスによる快感に対して、亀頭が常時露出している人の多い欧米人に比べると弱いと言えるため、持続時間がそれほど長くないのです。

あまり深刻な早漏でなければそれほど気にする必要もありませんが、挿入して1分以内に射精してしまう人は深刻な早漏であると言えるため、何らかの対策とる必要があります。
早漏になるとパートナーを満足させることが出来ないため、トラウマとなってセックスに対して恐怖心を抱き、症状がますます悪化し、最終的には勃起不全になりかねません。

早漏になる原因としては病気などによる身体的なものと心因性によるものの大きく分けると二つあるのですが、若い男性が早漏である場合は、たいていが心因性による早漏です。
心因性による早漏の原因としては過度の興奮が挙げられます。
特に彼女とのセックスに対しては、自分の理想の女性とセックスできるわけですから、通常よりも興奮している状態であると言え、より刺激に弱くなります、そのため自立神経が過剰に反応して快感が強まり、射精感がすぐに訪れます。

また、意外にも過去のセックスに対するトラウマによっても早漏になることが分かっています。
過去のセックスが上手くいかなかったことによる劣等感や不安などから、自立神経が乱れ、射精を上手くコントロールできなくなるため、射精感が早く訪れるのです。

早漏を繰り返すと、セックスに対して強いストレスを感じるようになってセックス自体を楽しめなくなります。
その結果セックスレスに陥りやすいです。
性的な意識の違いというのは思っている以上に根深いもので性的な行為の不一致によって別れを選ぶカップルも多いのです。

心因性早漏の治療方法とは

心因性による早漏を治療するためにはセックスによって感じるストレスやトラウマを無くすことがとても重要です。
特に若い男性はセックスの経験がそれほど多くないため、心因性の早漏になりやすい傾向にあります。
セックスの経験を積んでいくことによって過剰な興奮や快感を感じることは無くなります。

セックスをする際は自分の快感の事ばかりを考えないようにすることもとても重要です。
セックスは相手が居ないと成立しないものですから、相手に満足してもらうように意識してみましょう。
相手の事を考えることによって意識が自分の興奮からそれる為、刺激による快感を軽減することが出来ます。

一度自分自身でも満足するセックスが出来るようになると、大きな自信となります、セックスに対すR自信を持つことによって心因性の早漏は驚くほど早く改善できるものです。

また、パートナーに思い切って打ち明けてみるのも有効です、大好きな人に過剰に興奮するとカミングアウトされて嫌な思いをする女性は居ないでしょう。
カミングアウトすることで早漏について理解してもらえますし、一人で改善するよりも二人で協力して改善する方が効果は高いです。

さらに、限定的に精力剤を使用するのも早漏改善の治療には有効です。
精力剤を服用することで勃起力が持続し、満足するセックスをすることができ、自信を持つことにも繋がります。
自分たちでどうにもならない場合は病院に行って医師に相談してみるのも一つの方法です。
医師に相談することで精神的なケア方法や改善方法をアドバイスしてくれますし、精力剤も処方してくれます。

早漏というのは思っている以上に深刻な問題になることも多いため、勇気を出してカミングアウトすることが早期解決の糸口となります。