早漏改善の治療薬

プリリジーのジェネリック医薬品ポゼット

ポゼットはプリリジーのジェネリック医薬品です。
飲む早漏防止剤で主成分はダポキセチンです。
射精までの時間を3倍から5倍に増加させることができるといわれており、1粒200円から300円とジェネリックでも高額ですが、早漏改善のために購入する人が増えています。

主成分ダポキセチンはプリリジーで世界的に利用されていますので効果も確かです。
日本国内では承認されていない薬のため、医療機関では自由診療で利用され高額になります。

ダポキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIで副作用は少ないとされていますが、頭痛、下痢、倦怠感、のどの渇き、かゆみ目、じんましんなどの症状が出ることもあります。
血流を改善する働きがあるので心臓病などの方には利用できませんし、肝障害、腎臓障害、血管障害、血液凝固障害などを持つ人も使用できません。
抗うつ剤を利用されている方も効果が強く出てしまうので使用できませんし、アルコールとの併用は厳禁です。

早漏の方は自律神経のバランスが良くないことが多く、ポゼットはセロトニンの分泌を増やしてノルアドレナリンの分泌を抑制する働きをすることで早漏を予防してくれます。
ポゼットを飲むことで射精を遅らせることができるというメカニズムです。
ポゼットを飲んでから1時間から3時間ほど効果が表れ始め、その後3時間ほど持続しますので計画的に服用できます。
またEDの方はED治療薬を併用してポゼットを使うことができますので便利です。

自分で服用する量を調整しながら使うことができますし、少量でもしっかり効き目が出ます。
服用方法は水と一緒に飲むだけとシンプルですし、副作用の心配もほとんどありません。
空腹時に性行為の1時間前に服用するのがおすすめです。

ダポキセチンの持続時間、体内滞在時間は6時間といわれていますのでアルコールを飲むならその後にします。
1日の最大服用量は60ミリグラムです。
服用方法での注意事項としては24時間以内に2回以上の服用をしないことです。

ジェネリック医薬品は先発医薬品よりどれくらい安い?

プリリジーは早漏治療薬としてクリニックで処方してもらうことができます。
保険適用で30ミリグラム1錠3個入りで9000円程度で販売されています。
1錠3000円程度になります。
60ミリグラムも取り扱いされており、こちらは1錠3個入りで13500円程度になります。
1錠4500円程度になりますが、半分ずつ使うことを考えれば1日あたり2250円程度まで安くなる計算になります。

個人輸入ではプリリジーは60ミリグラム6錠12000円程度になりますので1錠2000円、半分の量ですむので1日1000円の計算になります。
クリニックで恥ずかしい思いをするのが嫌な人や以前使ったことがあるのでまた買いたいと思う方には安くて便利な個人輸入がおすすめです。

ジェネリックであるポゼットは日本国内では承認されていませんので自由診療になりますから、個人輸入のほうが格安になることは間違いありません。
値段は60ミリグラムの3シート分30錠で5000円程度、1錠150円、半分の量ですむので1日75円程度になります。
大手の個人輸入サイトでは1箱10錠1400円程度で販売されており、1錠140円程度になります。
30ミリグラムで1200円、60ミリグラムで1500円程度ですのでほとんど値段も変わりませんし、大量に購入すればその分割引を受けることができてお得です。
どの国から輸入しているかにもよりますので価格の安いインドなら100円以下、シンガポールなら140円程度となります。

いずれにしてもペットボトルのドリンク1本程度の値段で早漏の薬が手に入ります。
価格割引だけに目を捕らわれることなく、お試しセットを購入して自分の体質や生活スタイルに合っているかどうかを確かめることも大切です。