早漏改善の治療薬
《目次》

早漏の症状がある男性は意外とおり、しかしながらデリケートな問題であるため、気軽に友人などに相談できずに一人で悩んでいるケースが多いです。
特に早漏の場合は、パートナーにも関係してくる問題であるため、このことがきっかけで女性が満足できない状態が続くことで、別れる羽目になってしまいます。

年齢層も幅広く、決して若い世代は大丈夫だとは言えません。
逆に、性的刺激に敏感な若年層に多いというデータもあります。
そのため、自分も満足でき、女性も満足させられる性交渉を行えるようになるには、早漏を改善させる必要があります。
改善方法にはいくつかありますが、中でもより即効性に優れ、高い効果を得られるのが、早漏治療薬を使用する改善方法です。

早漏とはどんな症状?

喧嘩をした夫婦早漏とは、性交渉中において膣内に挿入してから射精に至るまでの時間が、本人の意思に反して極端に早く行われてしまう症状をいいます。
そのため、パートナーが性的満足感を得られることなく性交渉が終わってしまうケースが多いです。

早漏と診断できる明確な定義はないため、性交渉時に女性が満足感を得られるかどうかが判断の基準となってきます。
患者の多くは、膣内挿入から射精までの時間が1分~2分程度であり、中には30秒で射精に至ってしまうこともあります。
短時間であっても女性が満足感を得られ、本人も悩んでいなければ特に問題はないとされています。

満足できる性交渉の時間については、男性と女性では差があることがある大学の調査などで分かっています。
男性が膣内挿入から射精までにかける時間で最も多かったのが、およそ7分~9分です。
しかし、女性が望んでいる性交渉の時間はおよそ7分~15分となっており、男性は女性を満足させてあげられない場合が多いという結果が出ています。

男性へのアンケートでは、最も多かった回答が約7分~9分ですが、次いで多かった回答が約1分~3分でした。
全体でみると、射精までの時間が1分~1分以下という人は全体の半数近くとなっており、この結果からも早漏で悩む男性は多いということが予想できます。

早漏で悩んでいるのは日本の男性だけではありません。
世界中の男性が同様に悩んでおり、ある調査では18歳~65歳までの世界中の男性のうち30%以上が、射精までの時間に納得していない、悩んでいるという結果が出ています。
また、30%以上の男性の年齢で目立つのが、18歳~30歳までの若い世代です。

日本は世界的なED(勃起不全)大国ともいわれており、その患者数は1,800万人以上とされています。
また、その中のおよそ30%(約500万人)が、EDと共に早漏を併発しているとされています。
早漏は、40代以降の中年男性にも多くいますが、その理由の一つとしてEDとの合併症が挙げられます。

インターネットの質問コーナーをのぞいてみると、高校生から20代・30代前半の男性が相談していることが多く、その内容は「挿入後1分くらいで射精してしまう」「彼女に早漏と言われて悩んでいる」「女性に知られるのが怖くてセックスを避けてしまう」などです。

男性は、性交渉では女性をリードしなければいけないという気持ちが強い傾向にあり、自分も女性を満足させられたということに満足したいという思いが強くあります。
そのため、女性を満足させられないうちに、自分の意思とは別に射精してしまうことに大きな失望感を持ってしまいます。
この状態が性交渉のたびに続くと、大きなコンプレックスとなり、更に症状を悪化させるという負の連鎖が起こってきます。

男性からすると「早漏=かっこ悪い」というイメージがあり、特に若い世代ではそういうイメージが強い傾向にあります。
これは、インターネットの質問コーナーを見ていても強く感じます。
早漏が大きなコンプレックスとなればなるほど、それを誰にも話せず隠している場合が多く、本当は病院に行って相談をしたいけれどその勇気が出ないという人はたくさんいます。
このような理由が背景にあるため、早漏患者の詳細な人数が把握できないわけです。

でも、どうにかして症状を改善してコンプレックスを無くしたいという気持ちは強いため、雑誌やインターネットなどで紹介されている改善方法などで自己ケアをしている人が多くいます。
ですが、一時的な改善はみられることはありますが、医学的観点からは実感できる効果は得られません。
また、間違った情報を鵜呑みにして自己ケアを続けてしまうと、更に症状を悪化させてしまう可能性も否定できません。
こうしたことからも、早漏を改善させる効果的な方法は、病院で医師に相談し、改善効果が期待できる治療薬を使用することです。

早漏改善には早漏治療薬を試す

早漏を改善する方法は様々あります。
例えば、意識改善で気持ちを切り替える方法、性交渉の際に射精しにくい体位で行う、骨盤底筋を強化するなどがあります。
これらの方法ならば、誰にも相談することなく行えるため、自身としてはとてもやりやすい改善方法です。
しかし、これらの方法は性交渉をする・しないに関係なく、常に続けていかなければならない方法であり、確実に効果が得られる方法とは言えません。
やはり、即効性があり早漏改善効果が期待できるのは、安全性の高い早漏治療薬を使用することです。

早漏治療薬のイメージ早漏治療薬はいくつかの種類があり、それぞれ配合されている成分が異なります。
また、有効成分が違うと得られる改善効果にも違いが出てきます。
そのため、早漏の治療薬ならどれを使っても同じように効果が得られるというわけではありません。
症状が起こるようになった根本は、世代によって違っています。
同じ世代であっても、症状が出るようになった背景は人それぞれ違います。
そのため、治療薬を使用する際には自分に合った安全性の高いものを選ぶことが大切です。

治療薬の種類は、主に身体的要因・精神的要因・ED要因などによって使い分けられます。
したがって、より改善効果を高めるには、まず最初に自分が早漏に至るようになったきっかけを追究し、それに有効な成分が配合された治療薬を使用することがポイントとなります。

リドカインとベンゾカイン

身体的意要因の早漏に効果的な成分は、「リドカイン」や「ベンゾカイン」などです。
これらの成分が配合されている治療薬は外用タイプとなり、陰茎に直接塗って使用します。
これらは局所麻酔薬としても使用される
成分であり、陰茎に塗布することで性的刺激の過敏性が緩和され、膣内挿入後の刺激を和らげることができます。
これによって射精に至るまで時間を延ばすことができます。

外用タイプの安全性は認められていますが、用量を間違えると陰茎の刺激への感度が著しく低下してしまい、射精の時間を延ばすどころか勃起することも困難となる場合があります。
また、外用タイプを使用したまま膣内に挿入すると、成分が女性の膣にも付着してしまうため、女性の性的刺激への感度も低下する可能性があります。
従って、外用タイプを使用して性交渉をする場合には、塗布後成分が陰茎に伝わった後に洗い流すようにします。

ダポキセチン

精神的要因の早漏に効果的な成分は、「ダポキセチン」を配合した経口タイプの治療薬です。
経口タイプは数多くありますが、その多くは精神的要因に効くダポキセチンが主成分となっています。
ダポキセチンは抗うつ剤の一種でもあり、セロトニンという脳内物質を多く分泌させることでリラックスさせ、精神状態を安定させる作用があります。
これによって、性的刺激を受けても過剰に興奮するのを抑えることができ、陰茎への感度も緩和させて射精までの時間を維持させてくれます。
早漏改善に特化して作られており、安全性に問題はありません。

EDに効果のある成分

ED要因の早漏に効果的な成分は、抗うつ剤の一種であり精神的要因の治療薬にも配合されているダポキセチンに、ED治療の主成分「タダラフィル」「シルデネフィル」「バルデナフィル」などをプラスした、ダブルの成分が配合されています。
この場合の治療薬は経口タイプとなり、身体面と精神面の両方からケアしていきます。
加齢が進むと勃起不全(ED)の症状が現れることがあり、それが引き金となって射精時間が短くなってしまうことがあります。
この治療薬を使用することで、勃起力をアップさせることができるため、射精時間も延ばすことが可能となります。

この治療薬の場合、早漏改善とED改善の主成分をダブルで配合しても大丈夫かと思ってしまいますが、効果と共に安全性も認められているため問題はなく、安心して使用することができます。
ED治療の主成分にはいくつかの種類があるため、自分の症状に合わせて選ぶようになります。

自分が該当する早漏治療薬のなかにも、いくつかの種類があるので、まずはそれらを試してみてより効果を実感できるものを選ぶと良いでしょう。

早漏を改善したい男性はどれくらいいる?

日本で早漏に悩んでいる患者数は、はっきりとしたデータはありませんが推定では500万人ともいわれています。
しかし、自分に早漏の症状が現れていてもそれを隠している男性も多くいるため、こうした患者予備軍の人達を合わせると更に多くなると考えられます。

500万人以上の日本人男性の中で、性交渉の機会が多い、またはこれから機会が増えてい可能性のある10代後半~30代前半までの男性の数がとても多く、この年代だけで半数近い数となっています。
10代後半~20代半ばくらいの年齢は、性交渉への興味も強いため多くの女性と性交渉する人も多いです。
また、20代半ばくらい~30代の世代では付き合い方も変わり、結婚することも考えて一人の女性と長く付き合う傾向にあります。
すると、性交渉の際にはパートナーをより満足させてあげたいと思うようになります。

しかし、早漏の症状があると、付き合う女性の中にはそのことをからかったり、馬鹿にする人もいます。
またパートナーが満足感を得られる前に自分が射精してしまい萎えてしまうことで、自分を責めてしまう場合もあります。
このような状態が続くことは男性にとってはとても辛いことであり、特に若い人ほど性交渉への興味も強いため、「早く何とかして治したい」と強く思っています。

18歳~30歳までの早漏患者の数は、全体の約半数ともいわれていることから、簡単に計算しても250万人近くはいることになります。
この年代の患者さんの中には、「パートナーが満足してくれているので、特に治療は考えていない」という人もいると考えられます。
しかしながら、患者さんのほとんどは何とかして改善したいと考えています。

30代以降の早漏で悩む患者さんにおいても同様で、多くの人が改善したいと考えています。
性欲は、男性ホルモンのテストステロンが分泌されることで生まれてきますが、このテストステロンは20歳を境として徐々に減少していきます。
しかしながら、40代~50代前半頃はまだテストステロンの分泌量も3割減程度であるため、性欲も勃起力も衰退し切ってはいません。
従って、この年代の患者さんでも早漏を改善したいと思っている人は多くいます。

年齢を重ねてくると、20代の頃と比較しても男性ホルモンの分泌量は確実に減少してきます。
勃起はテストステロンとも密接に関係しているため、分泌量が減少すると勃起不全(ED)を引き起こす確率が高くなってきます。
また、ED患者の3分の1は早漏症を合併しているともいわれています。

ED患者の中で、早漏との合併を引き起こしている人の数は400万人ともいわれています。
つまり、30歳以降の早漏患者数に合併症を引き起こしているED患者数をプラスすると、簡単に計算しても650万人となります。
ED患者の場合は、まずは勃起不全を改善したいと考えている人が多いと考えられ得るため、全員が早漏を改善したいとは考えていないかもしれません。
しかし、ED患者の中にも、勃起不全と共に早漏も改善したいと考えている人は少なからずいると予想できます。

早漏は、明確な定義が無いので、その患者数を確実に把握することは難しいのが現状です。
しかし、インターネットで検索してみると、相談コーナーには多くの男性から早漏に関する悩みや相談が寄せられています。
また、EDとは異なり患者の年齢層も10代後半からと幅広いです。
こうした理由から考えても、推定患者数の大半は早漏を改善したいと考えており、実際に何らか方法で行っている人も多いです。

デリケートな悩みでもあるため、相談するのにも勇気がいるかもしれません。
ですが、何も対策をとらなかったり、間違った改善方法を実践しても症状は一向に改善されることはありません。
一度で早漏だけでなくEDにも効くスーパーPフォースという治療薬もあります。
自分やパートナーが満足できる結果を望むのならば、改善効果が認められた有効成分を配合している早漏治療薬を使用することが大切です。

関連ページはこちら